コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張釈之 ちょうしゃくしZhāng Shì zhī

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしゃくし【張釈之 Zhāng Shì zhī】

中国,前漢の官僚。生没年不明。字は季。南陽の堵陽(しやよう)(河南省方城県)の人。〈ちょうせきし〉とも読む。財貨によって騎郎となり,文帝のときに爰盎(えんおう)の推薦で謁者僕射(えつしやぼくや)(宮殿の門をつかさどる)となった。臣下は下車すべき宮殿の門を,車のまま通過しようとした皇太子を不敬罪で弾劾したことから人物を認められ,昇進して廷尉にのぼった。司法長官としての彼は,巡幸の列を犯した者や高祖廟の供えものを盗んだ者を,文帝の主観を排して法によってさばくなど,法の公平な適用を貫いたことでとくに注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の張釈之の言及

【張釈之】より

…中国,前漢の官僚。生没年不明。字は季。南陽の堵陽(しやよう)(河南省方城県)の人。〈ちょうせきし〉とも読む。財貨によって騎郎となり,文帝のときに爰盎(えんおう)の推薦で謁者僕射(えつしやぼくや)(宮殿の門をつかさどる)となった。臣下は下車すべき宮殿の門を,車のまま通過しようとした皇太子を不敬罪で弾劾したことから人物を認められ,昇進して廷尉にのぼった。司法長官としての彼は,巡幸の列を犯した者や高祖廟の供えものを盗んだ者を,文帝の主観を排して法によってさばくなど,法の公平な適用を貫いたことでとくに注目される。…

※「張釈之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

張釈之の関連キーワード一抔の土

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android