コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張錫純 ちょうしゃくじゅんZhāng Xī chún

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしゃくじゅん【張錫純 Zhāng Xī chún】

1860‐1933
中国の臨床医家。字は寿甫,塩山(河北省)の人。東北,天津地区でことに有名であった。《医学衷中参西録》を著した。この書は方書の伝統に従って陰虚労熱,喘息,肺病などに分けて,それぞれの治療処方を挙げ,各処方ごとに中国医学理論に基づく説明を付け,さらに西洋医学の理論と療法をも付記しているものもある。処方は概して簡単な構成であるが,自身が経験したものであり,一般の伝統医家に歓迎された。この書には彼の死後,その子と門弟によって未刊であった薬物,医論などの部分が追加され,さらに近年刊行されたものは1972年に,河北新医大学《医学衷中参西録》修訂小組が遺稿の追加と既刊部分の一部削除を含めた整理作業を行ったもののため,彼自身が刊行したものとは違った部分がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

張錫純の関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android