コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩山 えんざん

5件 の用語解説(塩山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩山
えんざん

山梨県北東部,甲州市中・北部を占める旧市域。甲府盆地の北東端にあたる笛吹川と重川の扇状地から,埼玉県境の奥秩父まで広がる。 1928年七里村を改め町制施行。 1954年奥野田村,玉宮村,松里村,大藤村,神金村の5村を編入し,市制施行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えんざん【塩山】

山梨県甲州市の地名。旧市名。青梅街道の旧宿場町で、甲州ブドウ・モモの産地。恵林寺(えりんじ)向嶽寺(こうがくじ)がある。平成17年(2005)勝沼町・大和村と合併して甲州市となった。→甲州

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しおやま【塩山】

743年(天平15)の墾田永年私財法が出るころから,寺院の資財帳などに塩山(焼塩山,取塩木山,山)40町歩ないし250町などという記載がみられる。その山とともに塩浜または塩釜の所有を表示したものもあり,塩山とは製塩燃料を伐採する山林をさすものといえる。こうした記載が現れるのは寺院経済の進展による塩需要の増大のため,寺院みずから製塩地を所有することとなったのを示していると思われる。ではなぜその表現に塩浜よりも塩山を主としたのか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんざん【塩山】

山梨県北東部、甲州市の地名。モモや甲州ブドウの産地。製材・石材・醸造業が立地。枯露ころ柿を特産。北西の塩山しおのやまの北方に恵林えりん寺がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩山
えんざん

山梨県北東部にあった旧市名(塩山市)。現在は甲州(こうしゅう)市の北部を占める。1954年(昭和29)塩山町が、奥野田(おくのだ)、玉宮(たまみや)、神金(かみかね)、大藤(おおふじ)、松里(まつさと)の5村を編入して、市制施行。2005年(平成17)東山梨郡勝沼(かつぬま)町、大和(やまと)村と合併して甲州市となる。大部分が農村で占められる田園都市。旧塩山町は甲府盆地の北東隅に位置し、古くから青梅(おうめ)街道の通ずる交通の要路であったが、1903年(明治36)中央本線の開通によって地方中心地となった。第二次世界大戦前は周辺の養蚕地帯の中心として繭取引市場が開かれ、遠く秩父(ちちぶ)地方からも峠越えに笛吹(ふえふき)川を下って繭が集荷されたこともある。現在は養蚕にかわってモモ、ブドウ栽培が盛んで、旧市域の農地の90%弱が果樹園である。また、山間部のコンニャク、松里の枯露柿(ころがき)(干し柿)は特産品。工業は製材、石材業、ぶどう酒醸造業など。名所には武田氏ゆかりの恵林(えりん)寺、市街地に接して箏(そう)曲「千鳥(ちどり)の曲」(塩の山差出(さしで)の磯(いそ)にすむ千鳥……)の由来といわれる塩ノ山(553メートル)、その山麓(さんろく)の向嶽(こうがく)寺などがあり、また大菩薩嶺(だいぼさつれい)、大菩薩峠、笠取(かさとり)山、一之瀬高原など秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園の玄関口ともなっている。そのほか、高野家住宅(甘草(かんぞう)屋敷)、雲峰(うんぽう)寺(本堂など)、放光(ほうこう)寺(大日如来坐像(にょらいざぞう)など)は国の重要文化財に指定されている。また、塩山温泉、嵯峨塩(さがしお)温泉もある。[横田忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の塩山の言及

【塩山[市]】より

…人口2万7117(1995)。市名は市街地の北に接する塩山(しおのやま)(554m)に由来する。中心市街は重川の扇状地上にあり,古くから青梅街道の通じる交通の要路にあたっていたが,1903年中央線の開通によって地方中心地に発展,第2次世界大戦前までは周辺の養蚕地帯の中心として繭取引市場が開かれた。…

※「塩山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塩山の関連キーワード墾田永世私財法自墾地系荘園鎮西墾田永年私財法宣教鎮西府天平カスタム 743道守荘敢安万呂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塩山の関連情報