コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強盗強姦及び同致死罪 ゴウトウゴウカンオヨビドウチシザイ

デジタル大辞泉の解説

ごうとうごうかんおよびどうちし‐ざい〔ガウタウガウカンおよびドウチシ‐〕【強盗強×姦及び同致死罪】

強盗が女性を強姦する罪。平成29年(2017)の法改正により、強盗・強制性交等及び同致死罪(強盗・強制性交等罪)に改められた。強盗強姦罪強盗強姦致死罪
[補説]改正前の刑法第241条が禁じ、無期または7年以上の懲役に処せられた。また、これによって女性を死亡させたときは、死刑または無期懲役に処せられた。本罪は、強盗行為が先で強姦が後だったときに成立した。逆の場合は強姦罪強盗罪併合罪となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android