コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強首 きょうしゅ Kang‐su

1件 の用語解説(強首の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょうしゅ【強首 Kang‐su】

朝鮮,7世紀の新羅の文人。生没年不詳。加羅(耶)系貴族の出身で,中原京(忠州)の人。儒学にこころざして官途につき,新羅史上初の本格的な儒学者として薛聡(せつそう)とならび,文章にすぐれる。武烈王のとき唐から来た難解な国書を解読し,その答書をも書いて王の信任をえた。文武王代にわたる複雑な国際関係のなかで,巧みに外交文書をあやつり,新羅の三国統一に貢献した。【大井 剛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

強首の関連キーワード藤九鸞日観衛満カーリダーサ巨然捜神記バッターニー劉徽雪村『荘子』

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

強首の関連情報