弾冠(読み)だんかん

大辞林 第三版の解説

だんかん【弾冠】

〔今までつかわずにいた冠のちりをはじき落とす意〕
官途につく用意をすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だん‐かん ‥クヮン【弾冠】

〘名〙 (冠の塵をはじき払う意から) 仕官の用意をすること。
※寛斎摘草(1786)三・得宮田子亮書有薦余某藩之言賦謝「草堂風雨暗江干、落雁高天倚檻看、懶性十年憐臥枕、交情千古問弾冠」 〔漢書‐王吉伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android