コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾〔彈〕 ダン

デジタル大辞泉の解説

だん【弾〔彈〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ダン(呉) [訓]ひく はずむ たま はじく
弦をはじいて楽器を奏でる。「弾琴弾奏連弾
指でぴんとはじく。「弾指
罪をあばく。責めたてる。「弾圧弾劾糾弾指弾
はねかえす。はずむ。「弾性弾力
鉄砲のたま。「弾丸弾道弾薬実弾銃弾肉弾爆弾被弾砲弾防弾

だん【弾】

たま。弾丸。また、それを数える語。
(弾丸にたとえて、多く接尾語的に用いる)
㋐次々と打ち出す企画や計画、作品などを数える語。「バーゲンセール第1」「シリーズ第3の映画」
㋑野球のホームランや、サッカーなどのゴール。「逆転満塁」「決勝をたたきこむ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の弾〔彈〕の言及

【箏】より

…唐代(618‐907)に至り,清楽は12弦箏を用いたが,他は13弦箏を普通とした。 奏法には指で奏する搊(しゆう),骨製の爪(義甲)で奏する弾,弦を擦って鳴らす軋(あつ)があったというが,搊と弾の意味はかならずしも明確ではない。宋代(960‐1279)になると12弦箏は用いられなくなる。…

※「弾〔彈〕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

弾〔彈〕の関連キーワード弾左衛門(13代)ピンタン(評弾)モノリス質火山弾タンツー(弾詞)フライホイール牛糞状火山弾ロケット砲弾薬・玉薬礫岩火山弾弾ませるブレットガス銃手榴弾豆鉄砲徹甲弾散兵壕一弾指散兵線弾き弓弾道学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android