弾碁・弾棋(読み)だんぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

だん‐ぎ【弾碁・弾棋】

〘名〙 (「たんぎ」とも) 昔の遊戯の一種。中央が高くなった盤に対座して、双方が、盤上の両側にそれぞれ六個(一説に八個)の白黒の石を並べ、交互にはじいて、相手の石に当たればその石を取り、はずれると逆にとられるというもの。石のなくなった方を負けとする。たぎ。いしはじき。〔十巻本和名抄(934頃)〕 〔後漢書‐梁冀伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報