コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対座/対坐 タイザ

デジタル大辞泉の解説

たい‐ざ【対座/対×坐】

[名](スル)互いに向かい合ってすわること。また、その席。「を隔てて―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

対座/対坐の関連キーワード代・体・台・堆・大・太・対・對・帯・帶・待・怠・態・戴・擡・替・殆・泰・滞・滯・耐・胎・腿・苔・袋・褪・諦・貸・退・逮・隊・頽・體・黛ジャストロウタイプ相関関数向かう・向う・対う明け払う・開け払う向かい座・向い座1ボックスカーウパニシャッド四つ頭の茶会差し向かふテントむし向き合いすごろく天体観測むずと三つ鼎膝組み向い座膝組本拳双六

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android