当たらずと雖も遠からず(読み)アタラズトイエドモトオカラズ

  • 当(あ)たらずと雖(いえど)も遠(とお)からず

ことわざを知る辞典の解説

的中はしていないが的中したのと大差ないこと。ほぼ当たっていること。

[使用例] 茶屋への不義理と無心の請求、当たらずといえども遠からずだろう[坪内逍遙*当世書生気質|1885~86]

[解説] 「礼記―大学」にあることば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android