当て事と越中褌は向こうから外れる(読み)あてごととえっちゅうふんどしはむこうからはずれる

ことわざを知る辞典の解説

越中ふんどしが前方から外れやすいように、当てにしていることは先方のつごうでだめになることが多い。

[使用例] 思惑だのふんどしなんてえものはえてして外れやすい[古今亭志ん生*びんぼう自慢|1964]

[解説] 越中ふんどしを引き合いに出し、こちらが勝手に当てにしていることは先方しだいで実現しないことを滑稽味を添えて述べた表現。ただし、ふんどしを締める習慣がほとんど消えてしまった現代では、「越中」といっても一般には容易に理解できないものになっています。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android