コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当の トウノ

デジタル大辞泉の解説

とう‐の〔タウ‐〕【当の】

[連体]いま問題になっている人や物事をさしていう。ちょうどその。「当の相手」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうの【当の】

( 連体 )
いま話題にしている。まさにその。 「 -本人はけろっとしたものだ」 「 -問題」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

当のの関連キーワードエウクレイデス(古代ギリシア哲学者)片岡仁左衛門(15代)片岡 市蔵(3代目)アグリッパ(哲学者)噂をすれば影がさす其の物・其の者解釈学的循環青春残酷物語存在論的証明淀屋辰五郎西洞院時慶原因と結果川澄新五郎事実問題人定質問効力規定上部構造愛国殺人牧畜文化田村誠顕

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当のの関連情報