コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当薬竜胆 トウヤクリンドウ

デジタル大辞泉の解説

とうやく‐りんどう〔タウヤクリンダウ〕【当薬胆】

リンドウ科の多年草。本州の中部以北の高山に自生。高さ8~15センチ。葉は披針形。夏、筒状をし、淡黄色に緑色の点のある花が2、3個咲く。薬用にする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうやくりんどう【当薬竜胆】

リンドウ科の多年草。高山帯の草原に生える。夏、高さ約15センチメートルの花茎に披針形の葉を対生し、頂に淡黄緑色の筒状の花を数個上向きにつける。根はセンブリのように苦く、健胃薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

当薬竜胆 (トウヤクリンドウ)

学名:Gentiana algida
植物。リンドウ科の多年草,高山植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

当薬竜胆の関連キーワードセンブリ高山帯健胃薬花茎数個

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android