コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻麻呂妻 たいまの まろの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

当麻麻呂妻 たいまの-まろの-つま

?-? 飛鳥(あすか)時代の女性。
持統天皇6年(692)伊勢(いせ)行幸にしたがう夫をおもう歌1首が「万葉集」巻1と巻4に重複しておさめられている。
【格言など】わが背子は何処(いづく)行くらむ奥(おき)つもの隠(なばり)の山を今日か越ゆらむ(「万葉集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

当麻麻呂妻の関連キーワード持統天皇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android