ゆら

精選版 日本国語大辞典「ゆら」の解説

ゆら

〙 (「に」「と」を伴って用いる) 玉やなどの触れあって鳴る音、硬い物がぶつかりあって鳴る音などを表わす語。
※万葉(8C後)一〇・二〇六五「足玉手玉も由良(ユラ)に織る機(はた)を君が御衣(みけし)に縫ひも堪(あ)へむかも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ゆら」の解説

ゆら

[副]ゆらら1」に同じ。
「足玉も手玉も―に織るはたを君が御衣みけしに縫ひもあへむかも」〈・二〇六五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「ゆら」の解説

ゆら

沖縄県、株式会社渡久山酒造が製造する泡盛

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android