彗星1843I(読み)すいせいせんはっぴゃくよんじゅうさんいち(英語表記)Comet 1843 I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

彗星1843I
すいせいせんはっぴゃくよんじゅうさんいち
Comet 1843 I

1843年2月 28日,南半球で発見された大彗星白昼でも見え,尾の長さは 60° (実長3億 km以上) に達した。これはこの前後数十年間に現れた四大彗星とほぼ同一の軌道をもち,クロイツ彗星群と総称される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android