形影相弔う(読み)ケイエイアイトムラウ

デジタル大辞泉の解説

形影(けいえい)相弔(あいとむら)・う

李密「陳情表」から。自分と自分の影とが互いに哀れみ、慰め合う意》孤独で訪れる人もなく、寂しいさまをいう。
「全然(まるっきり)やもめで、実際―・うと云う其の影も」〈鏡花婦系図

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいえいあいとむらう【形影相弔う】

〔李密 陳情表
〔自分と自分の影とが互いに様子をたずねあう意〕
孤独で寂しく暮らすさまをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android