コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李密 りみつLi Mi

3件 の用語解説(李密の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李密
りみつ
Li Mi

[生]開皇2(582)
[没]武徳1(618).12.30.
中国,隋末の群雄の一人。遼東襄平 (遼寧省朝陽県) の人。字は玄邃 (すい) 。西魏の八柱国の一人李弼 (ひつ) の曾孫。楊素の子楊玄感と親しく,玄感が反隋の挙兵をすると幕下に参じたが,玄感が敗れ一時捕われてから逃走し,ついに東郡 (河南省滑県) の賊翟譲 (てきじょう) の軍に投じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りみつ【李密 Lǐ Mì】

582‐618
中国において,支配階級から農民反乱側に投じ,反隋の先頭に立った隋末の群雄。遼東襄平(遼寧省朝陽)の人。西魏の柱国李弼(りひつ)を曾祖父にもつ関隴(かんろう)貴族の出身。字は玄邃。文武にすぐれ,天下救済の大望を抱き,眼光鋭かったという。恩蔭により左親侍(宿衛官)につけられるが辞任し,読書に没頭,とくに兵書を好んだ。黄牛に乗り,《漢書》の項羽伝を読みふけっていたエピソードをもつ。613年(大業9)深交のあった楊玄感が挙兵すると,いち早く参加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李密
りみつ
(582―618)

中国、隋(ずい)末群雄の1人。初め煬帝(ようだい)の左親侍(禁衛隊の官)となったが、辞職して読書にふけり、大学者にも学んだ。のち隋の大官の楊素(ようそ)に認められ、楊素の長子楊玄感(ようげんかん)の親友となった。楊玄感の反乱のときその謀主となり、敗れて捕らえられたが、脱走亡命。隋末の群雄を歴訪して抱負を述べたが認められず、最後に(てきじょう)の軍に投じ、まもなく譲にかわってその集団を握り、李淵(りえん)が唐朝を興したとき、最大の反乱集団となっていた。洛陽(らくよう)の王世充(おうせいじゅう)を攻撃したが失敗し、618年唐朝に降伏したが、その待遇を不満として、背いて殺された。[布目潮

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

李密の関連キーワード浦戸諸島名古屋市の中学夜間学級青竜寺大興善寺ピュタゴラスアンモン後主豊浦寺パイロープマウリキウス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone