形而上詩人(読み)けいじじょうしじん(英語表記)metaphysical poets

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形而上詩人
けいじじょうしじん
metaphysical poets

特に 16~17世紀に流行した英詩における一流派で,機知や奇想,パラドックスや地口によって逆説的な不調和の調和を実現した知的な詩を書いた。 J.ダンを筆頭に,A.カウリー,G.ハーバート,R.クラショー,H.ボーン,A.マーベルらが代表。この名称はドライデンの批評 (1693) にまず現れ,次いで S.ジョンソンが『イギリス詩人伝』の「カウリー論」 (1779) で軽蔑的に使ったことによって定着した。 20世紀に入って,グリアソン,T.S.エリオットらによって再評価され,現代詩の原動力の一つとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android