彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊(読み)ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと

精選版 日本国語大辞典「彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊」の解説

ひこなぎさたけうがやふきあえず‐の‐みこと ひこなぎさたけうがやふきあへず‥【彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊】

記紀に見える神。彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と海神の娘豊玉姫の子。この神の子が神武天皇。日本書紀によれば、父が出産の場を見たために、茅に包んで捨てられたところから名づけられた。古事記では、母が産屋を鵜の羽で葺(ふ)き終わらないうちに生まれたところからとする。うがやふきあえずのみこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android