彦火火出見尊(読み)ヒコホホデミノミコト

  • 彦火火出見尊 ひこほほでみのみこと

デジタル大辞泉の解説

日本神話で、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の子。母は木花開耶姫(このはなのさくやびめ)山幸彦の名で知られ、海神の娘豊玉姫(とよたまひめ)と結婚して鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)をもうけた。火遠理命(ほおりのみこと)。天津日高日子穂穂出見命(あまつひこひこほほでみのみこと)。→海幸山幸(うみさちやまさち)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

記・紀にみえる神。
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)・木花開耶姫(このはなさくやひめ)の子。海幸・山幸神話の山幸彦。弓矢と交換した兄火闌降命(ほのすそりのみこと)の釣り針を魚にとられてしまい,針をもとめて海にはいり,海神の娘豊玉姫と結婚。3年後,針と潮満瓊(しおみちのたま)・潮涸瓊(しおひのたま)をえてかえり,横暴な兄を降伏させた。別名に火折(ほのおりの)尊。「古事記」では天津日高(あまつひこ)日子穂穂手見命,火遠理命(ほおりのみこと)。
格言など】沖つ鳥鴨著(ど)く島に我が率寝(ゐね)し妹は忘れじ世のことごとに(「古事記」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日本神話の神。天孫瓊瓊杵尊木花開耶姫の子。別名火折尊,『古事記』では火遠理命とされる。山幸の名で語られる。兄に海幸の火照命(ホデリノミコト)がいて,このふたりが海幸山幸の神話を展開する。ホデリノミコトは海幸彦として海で漁をし,弟は山幸彦として山で狩りをしていた。ある日,兄弟は道具を交換し,海幸は山に,山幸は海にでかけるが,弟は兄の釣り針をなくしてしまう。山幸は代わりのものを作って返すが,兄が受け取らなかったので海辺で泣いていると塩土老翁が現れ,無間勝間の小船で海宮に行かせる。そこで豊玉毘売と結婚し,3年のあいだ楽しく暮らすが,釣り針のことを思い出して憂鬱になった。すると海神は鯛の喉からなくした釣り針を見つけ出し,「この針は,オボチ,ススチ,マジチ,ウルチと唱えて,手を後ろにまわして兄に返しなさい」といい,そして塩満珠と塩乾珠を与え,ワニ(鮫)の背に乗せて地上に送り返した。いわれた通りに呪文を唱えて返すと,兄の海幸は貧しくなって弟を攻めたが,弟は塩満珠で兄を溺れさせ,兄が許しを請うと塩乾珠を使って助ける。そこで兄は降伏し,溺れたときの動作を演じて弟に仕えたという。兄弟争いの話は,インドネシア方面に類話がみられ,南方系の神話とされている。海幸山幸神話では兄の海幸(ホデリノミコト)が隼人の祖先とされており,大和朝廷側のホホデミノミコトが,隼人族を支配することの起源神話になっている。兄弟争いの背後で語られているのは,異民族,異文化が接触して生じる闘争である。

(西條勉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と、山の神の娘の木花開耶姫(このはなさくやひめ)(鹿葦津姫(かしつひめ)、吾田津姫(あたつひめ)また吾田鹿葦津姫ともいう)との子。母は、誕生する子が天神(あまつかみ)の子であることを証明するために、無戸室(うつむろ)に入って火をつけ火中で出産する。誕生した尊が天神であるとともに、記紀神話で山幸彦(やまさちひこ)とよばれるのは、母を通して山の呪力(じゅりょく)を継承したからである。この山幸彦は、海幸・山幸神話では釣り針を求めて海に入り、海神の娘の豊玉姫(とよたまひめ)と結婚し、鵜葺草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)(神武(じんむ)天皇の父)をもうける。なお初代の神武天皇(神日本磐余彦(かむやまといわれひこ))の諱(ただのみな)(御実名)も彦火火出見というため、原初の初代天皇はこの尊であったとする説がある。

[吉井 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 記紀に見える神。瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の子。別名火遠理命(ほおりのみこと)。海幸山幸の話の山幸。ひこほのみこと。
[二] 神武天皇の名。
[補注](一)と(二)とが同名であることから、元来は同一人物であったものを、一方は山幸に、一方は神武に分化したとする説がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の彦火火出見尊の言及

【火遠理命】より

…記紀神話で,天孫瓊瓊杵(ににぎ)尊と山神の女の木花開耶姫(このはなのさくやびめ)との間に生まれた3子のうちの末弟(《古事記》),もしくは第2子(《日本書紀》)とされる(この兄弟の生まれた順序や名前には異伝が多い)。別名彦火火出見(ひこほほでみ)尊。燃えさかった産屋(うぶや)の焰が衰えたときに生まれたための命名である。…

※「彦火火出見尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

彦火火出見尊の関連情報