コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彭城中平 さかき ちゅうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

彭城中平 さかき-ちゅうへい

1832-1874 明治時代の探検家。
天保(てんぽう)3年生まれ。生家は長崎の唐通事。明治5年池上(いけのうえ)四郎,武市正幹らとともに満州(中国東北部)に派遣され,翌年帰国。その視察報告書「清国滞在中見聞事件」は当時有力な参考資料とされた。明治7年9月27日死去。43歳。名ははじめ大次郎,のち太兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

彭城中平の関連キーワードおもなお雇い外国人ハモンドハモンドアービング(Washington Irving)バルザックジョン・L.L.B. ハモンド市川団十郎エチェガライグラッドストーン(William Ewart Gladstone)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android