コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彭城中平 さかき ちゅうへい

1件 の用語解説(彭城中平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

彭城中平 さかき-ちゅうへい

1832-1874 明治時代の探検家。
天保(てんぽう)3年生まれ。生家は長崎の唐通事。明治5年池上(いけのうえ)四郎,武市正幹らとともに満州(中国東北部)に派遣され,翌年帰国。その視察報告書「清国滞在中見聞事件」は当時有力な参考資料とされた。明治7年9月27日死去。43歳。名ははじめ大次郎,のち太兵衛。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

彭城中平の関連キーワード市川団十郎雪華図説ヘンリー鼠小僧堀田正敦オソン[1世]鈴木三蔵古河市兵衛柳楢悦古河市兵衛

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone