コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彰仁親王 アキヒトシンノウ

朝日日本歴史人物事典の解説

彰仁親王

没年:明治36.2.18(1903)
生年:弘化3.1.16(1846.2.11)
幕末明治期の皇族,軍人。伏見宮邦家親王の第8子。母は景子,生母は堀内信子。嘉永1(1848)年1月仁和寺門跡を相続,安政5(1858)年3月親王宣下で嘉彰の名を受ける。慶応3(1867)年12月王政復古により復飾,議定となる。翌明治1(1868)年鳥羽・伏見の戦では征討大将軍,次いで会津征討越後口総督となり奥州鎮定に当たる。同2年戊辰戦争の功により賞典禄1500石を下賜。軍務官知事,兵部卿など軍務関係の職を歴任し,同3年より英国留学。江藤新平率いる佐賀の乱では征討総督として進発,西南の役にも出征した。同15年,東伏見宮より小松宮と改称し彰仁と改名。23年陸軍大将,近衛師団長,参謀総長を務めたほか,博愛社総長,大日本水産会会頭などを歴任。

(保延有美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あきひとしんのう【彰仁親王】

1846~1903) 伏見宮邦家親王の第八王子。維新後、東伏見宮と称し、さらに小松宮と改称。軍事総裁・陸軍大将・元帥などを務めた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

彰仁親王の関連キーワード杵屋六左衛門(13代)小松宮彰仁親王小松宮 頼子大熊 氏広1月16日中山 孝麿日柳燕石川上操六三宮義胤西郷従道嘉彰親王矢守平好こまつ河島醇兵部省楽寿園晃親王

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android