東伏見宮(読み)ヒガシフシミノミヤ

精選版 日本国語大辞典「東伏見宮」の解説

ひがしふしみ‐の‐みや【東伏見宮】

旧皇族宮号の一つ。明治三年(一八七〇)伏見宮邦家親王第八王子の彰仁親王が創立。一時中絶したが、同三六年依仁親王が再興。大正一一年(一九二二)同親王死没により廃絶。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の東伏見宮の言及

【宮家】より

…皇族諸家をいう。令制の皇親制度も中世に至ってまったく衰微し,皇子以下の一家を立て,これを維持することもまれとなった。この間にあって宮家として存立し,皇親の身分を相承したのは,いわゆる世襲親王家である。その初例は鎌倉中期,亀山天皇の皇子恒明親王を始祖とする常磐井(ときわい)宮で,室町中期まで6代にわたって存続した。これに次ぐのは後二条天皇の皇子邦良親王に始まる木寺宮で,室町中期まで6代にわたって存続した。…

※「東伏見宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android