コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東伏見宮 ヒガシフシミノミヤ

大辞林 第三版の解説

ひがしふしみのみや【東伏見宮】

旧宮家。伏見宮邦家親王の第八王子彰仁親王が1870年(明治3)創立。82年小松宮と改称したが、1903年その弟依仁親王が再興。22年(大正11)親王死去により廃絶。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の東伏見宮の言及

【宮家】より

…皇族諸家をいう。令制の皇親制度も中世に至ってまったく衰微し,皇子以下の一家を立て,これを維持することもまれとなった。この間にあって宮家として存立し,皇親の身分を相承したのは,いわゆる世襲親王家である。その初例は鎌倉中期,亀山天皇の皇子恒明親王を始祖とする常磐井(ときわい)宮で,室町中期まで6代にわたって存続した。これに次ぐのは後二条天皇の皇子邦良親王に始まる木寺宮で,室町中期まで6代にわたって存続した。…

※「東伏見宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

東伏見宮の関連キーワード東伏見宮依仁親王小松宮彰仁親王伏見宮邦家親王東伏見宮 依仁小松宮 彰仁東伏見宮周子伏見宮 貞愛野口 小蘋9月19日島村 速雄三宮 義胤小松宮彰仁三宮義胤野口小蘋和田善平河島醇旧皇族皇室

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android