コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松宮 コマツノミヤ

デジタル大辞泉の解説

こまつ‐の‐みや【小松宮】

宮家の一。明治3年(1870)創立の東伏見宮を明治15年(1882)改称したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こまつのみや【小松宮】

旧宮家。1882年(明治15)東伏見宮家を改称したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小松宮の言及

【宮家】より

…明治末年の宮家をあげれば,伏見,有栖川,閑院,山階,小松,華頂(かちよう),北白川,梨本,久邇,東伏見,竹田,賀陽(かや),朝香,東久邇の14宮家を数える。これらの宮家も,大正年間に有栖川宮,小松宮,華頂宮が継嗣を欠いて廃絶し,次いで1947年に至り,他の11宮家も当主以下が皇籍を離脱したために宮家の歴史を閉じた。
[現在の宮家]
 (1)秩父宮 大正天皇の第2皇子雍仁(やすひと)親王が1922年に創立した宮家。…

※「小松宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小松宮の関連キーワード杵屋六左衛門(13代)橘 旭翁(1代目)オスマン・パシャ橘 旭翁(初代)彰仁親王妃頼子竹本 摂津大掾小松宮彰仁親王東伏見宮 依仁小松宮 彰仁小松宮妃頼子小松宮 頼子大日本武徳会6月18日大熊 氏広日高 秩父小松宮彰仁川口 武定1月16日嘉彰親王宮崎玉緒

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android