小松宮(読み)コマツノミヤ

大辞林 第三版の解説

こまつのみや【小松宮】

旧宮家。1882年(明治15)東伏見宮家を改称したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こまつ‐の‐みや【小松宮】

旧宮家の一つ。明治三年(一八七〇)伏見宮家から分れた東伏見宮家を明治一五年(一八八二)改称。継嗣なく、彰仁親王一代で廃絶。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小松宮の言及

【宮家】より

…明治末年の宮家をあげれば,伏見,有栖川,閑院,山階,小松,華頂(かちよう),北白川,梨本,久邇,東伏見,竹田,賀陽(かや),朝香,東久邇の14宮家を数える。これらの宮家も,大正年間に有栖川宮,小松宮,華頂宮が継嗣を欠いて廃絶し,次いで1947年に至り,他の11宮家も当主以下が皇籍を離脱したために宮家の歴史を閉じた。
[現在の宮家]
 (1)秩父宮 大正天皇の第2皇子雍仁(やすひと)親王が1922年に創立した宮家。…

※「小松宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android