コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松宮 コマツノミヤ

2件 の用語解説(小松宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こまつ‐の‐みや【小松宮】

宮家の一。明治3年(1870)創立の東伏見宮を明治15年(1882)改称したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小松宮の言及

【宮家】より

…明治末年の宮家をあげれば,伏見,有栖川,閑院,山階,小松,華頂(かちよう),北白川,梨本,久邇,東伏見,竹田,賀陽(かや),朝香,東久邇の14宮家を数える。これらの宮家も,大正年間に有栖川宮,小松宮,華頂宮が継嗣を欠いて廃絶し,次いで1947年に至り,他の11宮家も当主以下が皇籍を離脱したために宮家の歴史を閉じた。
[現在の宮家]
 (1)秩父宮 大正天皇の第2皇子雍仁(やすひと)親王が1922年に創立した宮家。…

※「小松宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小松宮の関連キーワード製糸業日本科学史奈破崙開拓使コッペリア文化闘争嘉納治兵衛(5代)グロ長谷川宗右衛門ベッテルハイム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小松宮の関連情報