コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松宮彰仁親王 こまつのみや あきひとてんのう

2件 の用語解説(小松宮彰仁親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小松宮彰仁親王

伏見宮邦家親王の第八王子。小松宮初代。仁和寺に入室、ついで仁孝天皇の養子となる。親王宣下により名を嘉彰、のち東伏見宮・小松宮を称し、彰仁と改名した。王政復古とともに議定・征討大将軍となり、のち陸軍大将・近衛師団長・参謀総長を歴任し、元帥の称号を授けられた。明治36年(1903)薨去、58才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松宮彰仁親王 こまつのみや-あきひとしんのう

1846-1903 幕末-明治時代の皇族,軍人。
弘化(こうか)3年1月16日生まれ。伏見宮邦家(くにいえ)親王の王子。安政5年親王となる。出家して純仁と名のり,王政復古にあたり還俗(げんぞく)して名を嘉彰(よしあき)にもどす。明治15年東伏見宮から小松宮に改称,名も彰仁とする。軍務に従事し,23年陸軍大将,31年元帥。35年天皇の名代としてイギリス国王の戴冠式に参列した。明治36年2月18日死去。58歳。幼称は豊宮。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小松宮彰仁親王の関連キーワード華頂宮博経親王皇族会議大森隆碩華頂宮博厚親王小松宮妃頼子沢簡徳土井利教堀之美巻菱潭湯本武彦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小松宮彰仁親王の関連情報