コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松宮彰仁親王 こまつのみや あきひとてんのう

美術人名辞典の解説

小松宮彰仁親王

伏見宮邦家親王の第八王子。小松宮初代。仁和寺に入室、ついで仁孝天皇の養子となる。親王宣下により名を嘉彰、のち東伏見宮・小松宮を称し、彰仁と改名した。王政復古とともに議定・征討大将軍となり、のち陸軍大将・近衛師団長・参謀総長を歴任し、元帥の称号を授けられた。明治36年(1903)薨去、58才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松宮彰仁親王 こまつのみや-あきひとしんのう

1846-1903 幕末-明治時代の皇族,軍人。
弘化(こうか)3年1月16日生まれ。伏見宮邦家(くにいえ)親王の王子。安政5年親王となる。出家して純仁と名のり,王政復古にあたり還俗(げんぞく)して名を嘉彰(よしあき)にもどす。明治15年東伏見宮から小松宮に改称,名も彰仁とする。軍務に従事し,23年陸軍大将,31年元帥。35年天皇の名代としてイギリス国王戴冠式に参列した。明治36年2月18日死去。58歳。幼称は豊宮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

小松宮彰仁親王 (こまつのみやあきひとしんのう)

生年月日:1846年1月16日
江戸時代後期;末期;明治時代の皇族、軍人。1870年軍事学を学ぶためイギリスに渡る
1903年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

小松宮彰仁親王の関連キーワード杵屋六左衛門(13代)伏見宮邦家親王小松宮 頼子大熊 氏広川上操六イギリス明治時代矢守平好嘉彰親王西郷従道彰仁親王楽寿園弘化