影山 光洋(読み)カゲヤマ コウヨウ

20世紀日本人名事典の解説

影山 光洋
カゲヤマ コウヨウ

昭和期の写真家 元・朝日新聞写真部次長。



生年
明治40(1907)年5月23日

没年
昭和56(1981)年3月1日

出生地
静岡県浜松市

本名
影山 正雄

学歴〔年〕
東京高等工芸学校(現・千葉大学)写真科〔昭和5年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本写真協会功労賞〔昭和41年〕,神奈川文化賞〔昭和44年〕

経歴
昭和5年朝日新聞社に入社。2.26事件、南京虐殺事件、東北冷害、太平洋戦争など記録写真を撮影し続け、敗戦の日に朝日新聞社を退社。戦後“エリザベス・サンダース・ホーム”に協力、記録写真を撮るなどフリーランスとして活動。著書「写真昭和50年史」の他、「戦争と日本人」「昭和の女」「歴史の落し子」などの写真集がある。41年日本写真協会功労賞、44年神奈川文化賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

影山 光洋 (かげやま こうよう)

生年月日:1907年5月23日
昭和時代の写真家
1981年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android