コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

影響度指標

1件 の用語解説(影響度指標の意味・用語解説を検索)

流通用語辞典の解説

影響度指標

大型小売店舗の出店または増床により、その周辺の商店街などにどの程度影響があるかを判断する指標のこと。最寄品と買回り品について、それぞれ影響度指標を一定の公式によって求める。その結果から、科学的に市場余力を判定しようとするも。現実には、生活権を主張する地元小売店の、大型店進出絶対反対の姿勢がほとんどなので、そういう場合には客観的指標としての説得力は弱い。一般的には、大型店なりメーカーなりが、販売の可能性を検証するための市場力の試算に、この指標を用いている。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

影響度指標の関連キーワード大規模小売店舗法大規模小売店舗立地法ドミナント(出店)小売店店舗賠償責任保険オーバー・ストア立地変動改正まちづくり3法大店法改正と廃止の経緯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

影響度指標の関連情報