コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役者名物袖日記 やくしゃめいぶつそでにっき

世界大百科事典 第2版の解説

やくしゃめいぶつそでにっき【役者名物袖日記】

演劇書。万里亭夫古工著。1771年(明和8)正月,河名藤八郎,菊岡吉右衛門刊。5巻5冊。序には〈三芝居名物袖日記〉とある。本書は,江戸歌舞伎の起源から説き起こし,役者の芸風,技芸評に及んでおり,江戸における本格的な劇書の嚆矢(こうし)といわれる。内容は,巻一は,江戸芝居の創始,諸行事の起源など,いわゆる〈芝居事始め〉を集成し,巻二は,古名優の定紋,扮装,名言など,いわゆる〈役者名物〉とし,書名の謂(いわれ)を示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

役者名物袖日記の関連キーワードお蔭参り山岡浚明シュレーダー新聞キャベンディッシュ杉田玄白土御門泰邦平賀源内自伝自伝文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android