コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役者名物袖日記 やくしゃめいぶつそでにっき

世界大百科事典 第2版の解説

やくしゃめいぶつそでにっき【役者名物袖日記】

演劇書。万里亭夫古工著。1771年(明和8)正月,河名藤八郎,菊岡吉右衛門刊。5巻5冊。序には〈三芝居名物袖日記〉とある。本書は,江戸歌舞伎の起源から説き起こし,役者の芸風,技芸評に及んでおり,江戸における本格的な劇書の嚆矢(こうし)といわれる。内容は,巻一は,江戸芝居の創始,諸行事の起源など,いわゆる〈芝居事始め〉を集成し,巻二は,古名優の定紋,扮装,名言など,いわゆる〈役者名物〉とし,書名の謂(いわれ)を示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android