コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

待賢門院加賀 たいけんもんいんの かが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

待賢門院加賀 たいけんもんいんの-かが

?-? 平安時代後期の歌人。
待賢門院(1101-45)につかえる。左大臣源有仁(ありひと)におくった歌「かねてより思ひしことぞふし柴のこるばかりなる嘆きせむとは」が「千載和歌集」にみえる。またこの歌により伏柴(ふししばの)加賀と称された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

待賢門院加賀

生年:生没年不詳
平安後期の歌人待賢門院璋子に仕えた。母は斎院新肥前。擬作の恋歌「かねてより思ひしことぞ伏柴のこるばかりなるなげきせんとは」を源有仁に贈ったことで知られ,「伏柴の加賀」と称された。『千載集』にも「待賢門院加賀」の名で入集するが,『今鏡』は別人の詠とする。

(田仲洋己)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

待賢門院加賀の関連キーワード伏柴加賀

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android