コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶陵 けいりょうQing-ling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慶陵
けいりょう
Qing-ling

中国朝第6代の皇帝聖宗 (在位 982~1031) の陵墓の名称。また近くにある興宗 (第7代) ,道宗 (第8代) 夫妻の陵墓を合せた3陵の総称としても使われる。内モンゴル自治区巴林左翼旗白塔子部落 (遼代の慶州) の北西方にあるワール・イン・マンハの山中にある。3陵はそれぞれ山腹をくりぬいて造られており,墓内はすべて煉瓦をもって整備構築されている。各陵とも前室,中室,後室,前室および中室の各左右にある2室,計7つの墓室から成り,それぞれの墓室は通路によって結ばれている。前室を除く各室のプランは,だいたい円形,天井部はドーム形をしており,これは遊牧民社会のテントを思わせる。これらの陵墓は入口より後室まで 50mにも及ぶ壮大なものである。聖宗陵の壁面には文武官の肖像画や山水画などの華麗な壁画が残っているが,中室の春夏秋冬図は雄麗である。またこれらの陵墓から発見された皇帝と皇后の墓誌 (哀冊) のなかには,漢字碑文とともに契丹字碑文が含まれており,これは従来,不能であった契丹字の解読に大きな手掛りを与えた。慶陵の発見は 1920年であるが,そののち鳥居龍蔵の調査があり,さらに田村実造,小林行雄らによって精査された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

慶陵【けいりょう】

中国,内モンゴル自治区巴林左旗管内のワールインマンハにある代の陵墓の総称。1920年,ベルギーの宣教師ケルビンによって発見された。聖宗の永慶陵,子・興宗の永興陵,孫・道宗の永福陵の3基があり,東陵,中陵,西陵と称されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいりょう【慶陵 Qìng líng】

中国,南興安嶺の東斜面,内蒙古の巴林左旗管内のワールインマンハ(〈瓦の多い砂丘地〉の意)の地下にある遼代の3代の皇帝陵の総称。1920年宣教師によってその所在が報告され,39年に田村実造が,小林行雄らとともに一部分の発掘と精密な実測を実施し,その全貌を52,53年《慶陵》として発表した。ワールインマンハは遼代皇帝の狩猟地慶雲山に比定され,南斜面の三つの尾根にそれぞれ東陵,中陵,西陵が並んでいる。いずれも山麓に門を構え,参道を登ると前殿に至る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慶陵
けいりょう

中国、内モンゴル自治区バリン左翼旗内にある遼(りょう)の皇帝の陵。慶陵はもともとは遼の第6代皇帝聖宗と后妃を合葬した永慶陵の略称であったが、のちに隣接して造営された第7代の興宗の永興陵および第8代の道宗の永福陵を含めた総称となった。慶陵の所在するのは南興安嶺(こうあんれい)の一山で、現在はワール・イン・マンハ(瓦(かわら)の砂丘)とかゴルバン・トロガイなどとよばれているが、遼代には緬(めん)山、永安山とよばれ、慶陵の造営とともに慶雲山と改名された。慶陵は1920年ミュリエにより学界に紹介され、22年ベルギー人宣教師のケルビンが興宗陵を調査し、契丹(きったん)文字の哀冊(あいさく)(墓碑銘)を学界に紹介した。39年、田村実造、小林行雄らにより主として東陵の調査がなされた。慶陵は東陵、中陵、西陵とよばれる3基の陵墓からなるが、田村らの調査により東陵は聖宗、中陵は興宗、西陵は道宗の陵墓とされている。
 東陵の墓室には中央に前室、中室、後室があり、前室と中室の左右にそれぞれ円形の副室があるから、全部で7室からなっている。墓室や通廊の壁面には表面に漆食(しっくい)を塗り、その上に人物、花鳥、山水、装飾文様など華麗な壁画が描かれている。人物画は各人の個性をよくとらえた等身大肖像画で、遼代の風俗を知るうえの貴重な資料である。中室の四周には、おそらく慶雲山周辺の四季を画題とした山水画が描かれており、唐末宋(そう)初の手法を伝えた屈指の絵画資料である。慶陵からは15基の哀冊碑石が出土し、そのなかの4基には契丹文字による碑文が刻まれており、契丹文字解読の手掛りを与えるものとして学界に注目されている。[河内良弘]
『田村実造著『慶陵の壁画』(1977・同朋舎出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

慶陵の関連キーワード恩賜賞受賞者慶州(中国)田村 実造契丹文字明十三陵十三陵

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android