コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後ろ詰め ウシロヅメ

1件 の用語解説(後ろ詰めの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うしろ‐づめ【後ろ詰め】

先陣に続く後続の軍勢。予備として後方に配置する陣立て。ごづめ。
「千葉屋の寄せ手かしこを捨てて、ここの―を仕(し)つと覚ゆるぞ」〈太平記・九〉
敵軍の背後から攻めること。うしろぜめ。ごぜめ。
「家康公三千ばかりにて―をし給ひ、駿河勢を追ひ払ひ」〈甲陽軍鑑・一六〉
背後にいて援助すること。また、その人。うしろだて。
「夢ながら其場にゆきて、―して残る所なくうちとめさせ」〈浮・武家義理・三〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone