予備(読み)ヨビ

デジタル大辞泉「予備」の解説

よ‐び【予備/預備】

必要なときのために、前もって用意しておくこと。また、そのもの。「―に少し余分に買っておく」「―のタイヤ」
犯罪の意思をもった者が、その実行に着手する直前までにする準備行為。内乱・殺人・強盗・放火など、特に重大な犯罪については処罰される。
[類語]完備常備兼備備える備え付けるしつらえる設ける設備設置装備装置施設

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「予備」の解説

【予備】よび

事前に備える。〔三国志、蜀、統伝〕統復(ま)た(劉備に)きて曰く、(ひそ)かにび、晝夜にね、逕(ただ)ちに、(劉)ならず、(もと)より豫備無し。大軍卒(には)かに至らば、一擧して(すなは)ち定まらんと。

字通「予」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android