後続(読み)こうぞく

精選版 日本国語大辞典 「後続」の意味・読み・例文・類語

こう‐ぞく【後続】

〘名〙 あとから続くこと。また、そのもの。
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉両軍いよいよ開戦「後続(コウゾク)の西尾左翼飛球に森本三塁ゴロに屠(ほふ)られて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「後続」の意味・読み・例文・類語

こう‐ぞく【後続】

[名](スル)あとに続くこと。また、そのもの。「後続を断つ」「後続する電車
[類語]続く引き続く打ち続く続ける継続する持続する連続続行存続永続長続き尾を引く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「後続」の読み・字形・画数・意味

【後続】こうぞく

あとつぎ

字通「後」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android