後先になる(読み)アトサキニナル

デジタル大辞泉の解説

後先(あとさき)にな・る

後になったり、先になったりする。
後のものが先になり、先のものが後になる。順序が逆になる。「が―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あとさきになる【後先になる】

順序が逆になる。前後する。 「話が-・りましたが」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あとさき【後先】 に なる

① あとになったり、先になったりする。前後が入れかわる。
※熊野千句(1464)一「浦遠き霧に小舟のこぎ別〈宗祇〉 跡さきになる道の行ぶり〈盛長〉」
② 前後の順序が逆になる。順序がでたらめになる。食い違いが生じる。
人情本・春色恵の花(1836)二「内所のもめに此糸と、はかりし事も前後(アトサキ)に、なりゆく浮世の定めなさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android