後歌/後唄(読み)アトウタ

デジタル大辞泉の解説

あと‐うた【後歌/後唄】

地歌や箏曲(そうきょく)歌で、手事(てごと)(長い間奏)のあとに演奏される歌の部分。手事が二か所あるときは、二つ目の手事のあとに演奏される部分。⇔前歌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐うた【後歌】

〘名〙 箏曲や地唄の手事(てごと)物で、手事(長い間奏)をはさんで、それより後に奏される歌。手事が二か所にある曲では、あとの手事の次に奏される歌。前の手事の次は中歌(なかうた)という。しまいうた。
※残月(1941)〈内田百〉六「後歌にかかる前の最後の散らし一段も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android