コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後歌/後唄 アトウタ

デジタル大辞泉の解説

あと‐うた【後歌/後唄】

地歌や箏曲(そうきょく)歌で、手事(てごと)(長い間奏)のあとに演奏される歌の部分。手事が二か所あるときは、二つ目の手事のあとに演奏される部分。⇔前歌

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

後歌/後唄の関連キーワードレオナード・C. プローンコウジャック・J. コンスタンツォキャリー スノッドグレスフランキー アヴァロンマキシン ウェルドン市川団十郎(11代)近松徳三(近松徳叟)モニカ ゼタールンドカトリーヌ スパーク常磐津 千東勢太夫吉沢検校(2代)富永平兵衛前歌・前唄生田 恵子富岡 冬野千鳥の曲青山播磨宇治巡り近藤芳美田代正足

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android