コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残月 ざんげつ

7件 の用語解説(残月の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残月
ざんげつ

地歌の曲名。大坂の峰崎勾当作曲。寛政 (1789~1801) 以前に作られた手事物の初期の代表曲の一つ。本調子物。手事部が5段に分けられチラシがつくが,現在関西系では段合せまたは替手 (菊吉検校作曲の三下り) との合奏,九州系では替手 (宮崎勾当作曲の三下り) との合奏によることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざん‐げつ【残月】

明け方まで空に残っている月。有明の月。のこんの月。
地歌・箏曲(そうきょく)。手事物(てごともの)。天明・寛政(1781~1801)のころに大坂の峰崎勾当(みねざきこうとう)が作曲。門人の娘の死を悼んで作ったもので、特に手事の部分は力作。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

残月

東京都港区赤坂に本店を置く和菓子店、虎屋が製造・販売する生姜入りの焼菓子。半月状の生地にすり蜜を塗って白くなった形状が、薄雲のかかった月に似ることから命名。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ざんげつ【残月】

地歌・箏曲の曲名。大坂の峰崎勾当作曲の本調子手事(てごと)物の地歌。1792年(寛政4)刊《増補よしの山》に初出。峰崎の門人で夭逝した大坂宗右衛門町松屋某の娘をしのんで作曲。曲名はその法名〈残月信女〉によるという。箏の手は地域により異なる。手事は5段から成り,初段と二段,三段と四段は段合せができる。その際,残る五段目とチラシには菊原琴治(1878‐1944)作の替手がある。また,手事には菊吉検校や宮崎勾当の三下り替手もあり,初段に《》の合の手を合わせる演出もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ざんげつ【残月】

夜が明けて、なお空に残っている月。有明ありあけの月。

ざんげつ【残月】

地歌・箏曲そうきよくの一。手事物てごともの。天明・寛政(1781~1801)期に大坂の峰崎勾当こうとう作曲。愛弟子への追善曲。特に、五段の手事が力作。箏は平調子。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

残月
ざんげつ

地歌(じうた)の曲名。大坂の峰崎勾当(みねざきこうとう)が天明(てんめい)・寛政(かんせい)期(1781~1801)に作曲。彼の門人であった宗右衛門町(そうえもんちょう)の松屋某の娘が早世したのを惜しみ、その追善につくったもので、残月は故人の法名の「残月信女」にちなんでつけられた。歌詞は故人を月に見立ててよみ、そのなかの「真如」は信女にかけたという。曲の途中に非常に長い手事(てごと)とよぶ器楽独奏部のある手事物の代表曲である。その手事は5段あり、初段と二段、三段と四段とを同時に合奏する段返しができる。原曲は三味線だけの伴奏であるが、のちに箏(こと)編曲や三曲編曲もつくられ、合奏される。[平山けい子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の残月の言及

【常陸坊海尊】より

…近世に東北地方に流布していた《清悦物語》では,海尊は不老長寿であったと伝えるところからすると,東北地方では,《義経記》と同材の物語が漂泊する語り手によって語られていて,早くから海尊自身の懺悔譚の傾向の強い語りがあったものと考えられている。《本朝神社考》《狗張子》《義経勲功記》などの近世の書物には,残夢あるいは残月と称する老翁が,不老長寿で源平合戦のことをよく知っていて,人々に話すので,尋ねてみると実は海尊であったとするものがあり,東北地方の地誌類にも同類の記事をときに見かける。これらの書物では,不老長寿の原因は枸杞(くこ),赤魚の肉,富士山の岩から湧出する飴のようなものを食したため,などとされ,ときには人羹(にんかん)魚の肉ともされる。…

※「残月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

残月の関連キーワード越後獅子峰崎勾当八重衣御山獅子茶音頭根曳の松虫の音房崎勾当四季の詠(四季の眺)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

残月の関連情報