後炭(読み)ゴズミ

大辞林 第三版の解説

ごずみ【後炭】

茶道の炭手前の一。濃茶が済んで薄茶に移る前に、火を直すために行う炭手前。前の炭が十分残っている場合は省略する。三炭の一。のちすみ。

のちすみ【後炭】

ごずみ(後炭)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ご‐ずみ【後炭】

〘名〙 茶の湯で、濃茶点前の後、火を直すために行なう点前。三炭の一つ。のちずみ。

のち‐ずみ【後炭】

〘名〙 茶の湯で、濃茶点前のあと、火の衰えを直すために行なう炭点前。のちの炭。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の後炭の言及

【点前】より

… 炭手前は,冬季(11~4月)は炉,夏季(5~10月)は風炉で行われる。茶事を前提とした場合,炉中(または風炉中)を下火(したび)の状態にして炭を置く手前は,前席(初座)で行われるのを初炭(しよずみ)と称し,後席(後座)で初炭の火勢が弱まったところへ新たに炭を補充するのが後炭(ごずみ∥のちずみ)である。そのほか現行では,〈夜咄(よばなし)〉の茶事の場合,最後に客を引き止める意味での,留炭(とめずみ)(止炭)がある。…

【点前】より

… 炭手前は,冬季(11~4月)は炉,夏季(5~10月)は風炉で行われる。茶事を前提とした場合,炉中(または風炉中)を下火(したび)の状態にして炭を置く手前は,前席(初座)で行われるのを初炭(しよずみ)と称し,後席(後座)で初炭の火勢が弱まったところへ新たに炭を補充するのが後炭(ごずみ∥のちずみ)である。そのほか現行では,〈夜咄(よばなし)〉の茶事の場合,最後に客を引き止める意味での,留炭(とめずみ)(止炭)がある。…

※「後炭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android