コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後炭 ゴズミ

大辞林 第三版の解説

ごずみ【後炭】

茶道の炭手前の一。濃茶が済んで薄茶に移る前に、火を直すために行う炭手前。前の炭が十分残っている場合は省略する。三炭の一。のちすみ。

のちすみ【後炭】

ごずみ(後炭) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の後炭の言及

【点前】より

… 炭手前は,冬季(11~4月)は炉,夏季(5~10月)は風炉で行われる。茶事を前提とした場合,炉中(または風炉中)を下火(したび)の状態にして炭を置く手前は,前席(初座)で行われるのを初炭(しよずみ)と称し,後席(後座)で初炭の火勢が弱まったところへ新たに炭を補充するのが後炭(ごずみ∥のちずみ)である。そのほか現行では,〈夜咄(よばなし)〉の茶事の場合,最後に客を引き止める意味での,留炭(とめずみ)(止炭)がある。…

【点前】より

… 炭手前は,冬季(11~4月)は炉,夏季(5~10月)は風炉で行われる。茶事を前提とした場合,炉中(または風炉中)を下火(したび)の状態にして炭を置く手前は,前席(初座)で行われるのを初炭(しよずみ)と称し,後席(後座)で初炭の火勢が弱まったところへ新たに炭を補充するのが後炭(ごずみ∥のちずみ)である。そのほか現行では,〈夜咄(よばなし)〉の茶事の場合,最後に客を引き止める意味での,留炭(とめずみ)(止炭)がある。…

※「後炭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

後炭の関連キーワードショーン コネリー世知原[町]大瀬戸[町]平岡浩太郎方城[町]佐々木更三糸田[町]大島[町]金田[町]頴田[町]麻生太吉アセトン光吉悦心佐賀県茶の湯含鉄泉リビー大任町大町町美唄市

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後炭の関連情報