コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄茶 ウスチャ

デジタル大辞泉の解説

うす‐ちゃ【薄茶】

抹茶の一。製法は濃い茶と変わらないが、古木でないチャの葉から製するもの。また、それでたてた茶。濃い茶より抹茶の量を少なくする。おうす。→薄茶点前濃い茶
薄い茶色。薄茶色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

薄茶【うすちゃ】

抹茶(まっちゃ)の一種。比較的樹齢の若い茶の木から製する。濃茶(こいちゃ)に対する。茶道においては薄茶点前(てまえ)をさす。これは一人に一碗ずつ薄めにあわ立ててたてるもので,飲みまわすことなく,茶道具も濃茶に対して手軽なものが用いられる。
→関連項目点前挽茶

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

うすちゃ【薄茶】

薄茶用の抹茶まつちや。また、薄茶を点ずること。お薄うす。 ↔ 濃茶こいちや
薄い茶色。薄茶色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

うすちゃ【薄茶】


茶の湯で用いる抹茶の一種。また、これを用いた点前(てまえ)。おおむね茶杓2杯(1.2~1.7g)ほどの抹茶を柄杓に半量ほどの湯で溶かし、濃茶(こいちゃ)に比べてさらりとした薄い茶を泡立てるようにしてたてる。普通、1人前ずつたてて供する。抹茶は、茶の木に新芽が出たらよしずや稲わら、黒の寒冷紗(かんれいしゃ)(目の粗い薄地の織物)などで茶園をおおって20日程度直射日光を遮って育てた若い芽を用いるが、薄茶の栽培では濃茶ほど遮光性の高いおおいにせず、また、比較的樹齢の若い木を用いる。一般に濃茶よりもタンニンの含有量が多く、少し苦みや渋みがある。元来は、生産地で濃茶の碾茶を袋に入れて茶壺に納め、周囲の隙間に緩衝材として入れた茶葉をひいたもの。◇「おうす」ともいう。また、薄茶は「点()てる」という。⇒濃茶

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薄茶
うすちゃ

抹茶(まっちゃ)の一種であり、その抹茶を使用して点(た)てる薄茶点前(てまえ)の略称。濃茶(こいちゃ)に対する語。薄茶と濃茶とは茶質による違いであり、それによって点て方にも違いが生じる。葉茶壺(つぼ)に保存する場合、濃茶に使用する葉茶は白い袋に詰めて茶壺に入れるものであるが、その濃茶の袋が湿らないように、茶壺いっぱいに葉茶を詰め込み、茶壺の口の封をする。この中の葉茶の部分が薄茶となる。すなわち、濃茶に比べて質の劣る葉茶を粉末にして点てるのが薄茶である。一定した量ではないが、通常薄茶は、おおよそ一服1.75グラムほど使用するものである。濃茶に対する薄茶の語が生まれたのは、天文(てんぶん)年間(1532~55)と考えられる。[筒井紘一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の薄茶の言及

【点前】より

…茶の湯の用語の一つで,茶を点ずるための順序,手続をいう。抹茶を点ずる,または点(た)てるしかたには濃茶(こいちや)と薄茶の区別がある。濃茶は練る,薄茶を点てるといい,その手続を濃茶点前,薄茶点前という。…

【挽茶】より

…この状態の茶葉を碾茶(てんちや)と呼び,これを茶臼でひいて粉末にしたものを飲用する。薄茶,濃茶(こいちや)の別があり,昔は使用される茶葉の部位などによって区別されていたが,現在では濃茶は甘味の多い濃厚なもの,薄茶はややあっさりした味のものになっている。いずれにせよ,使用する茶葉全体を粉末にして飲むので,茶葉の含有する葉緑素,植物繊維,タンニン,ビタミン,カフェインその他,すべての成分を利用することができる。…

※「薄茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

薄茶の関連キーワード平手前・平点前graygeアースカラーちーちゃんハトロン紙台湾パナマ正午の茶事エスカルゴこんがり重ね茶碗団十郎茶黄枯ら茶茶翅蜚蠊濃茶点前数珠掛鳩インド綿芝翫茶泡切り米食鳥金輪寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄茶の関連情報