コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭手前/炭点前 スミテマエ

デジタル大辞泉の解説

すみ‐てまえ〔‐てまへ〕【炭手前/炭点前】

茶事のとき、炉または風炉(ふろ)に炭をつぐ作法。→三炭(さんたん)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すみてまえ【炭手前】

茶の湯で、炉または風炉ふろに炭を入れるときの式法。 → 三炭さんたん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の炭手前/炭点前の言及

【点前】より

…濃茶は練る,薄茶を点てるといい,その手続を濃茶点前,薄茶点前という。これは飲料としての抹茶の点前であるが,茶の湯には別に炉中(夏季は風炉)に炭を置くための手順,炭手前がある。この場合は〈点ずる〉の文字を用いず,〈手前〉と書くが,〈てまえ〉の意味内容はまったく同じといってよい。…

※「炭手前/炭点前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

炭手前/炭点前の関連キーワード香合(こうごう)茶道/茶事用語茶道具下火止炭点前灰器立炭後炭点炭霰灰灰匙初炭座箒三炭

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android