コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後用権

1件 の用語解説(後用権の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

後用権

「後用権」とは、再審により回復した特許権の通常実施権(特許法第176条)のことである。例えば、一度は無効審決を受けた特許権が特許にかかる再審により回復した場合、当該発明の実施で事業を行っている者等は、無効審決確定後から再審請求登録前における期間中、その目的の範囲内において通常実施権を有することができる。「後用権」は、権利が消滅したものと信じて実施したにもかかわらずそれが認められなくなるということが公平の見地から妥当でない理由により規定されている。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後用権の関連キーワード先使用権信用回復措置請求権特許異議申し立て特許掲載公報特許権の消滅特許権の存続期間特許公報特許査定発明者法定通常実施権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone