後藤武夫(読み)ごとう たけお

  • 後藤武夫 ごとう-たけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1870-1933 明治-昭和時代前期の実業家。
明治3年8月18日生まれ。福岡日日新聞記者をへて明治31年上京,33年帝国興信所(現帝国データバンク)を設立する。また大正5年日本魂社,11年大日本教化団体連合会をつくった。昭和8年2月25日死去。64歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身関西法律学校(現関西大)卒。著作に「清浦奎吾伝」「高山彦九郎伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android