コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤武夫 ごとう たけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤武夫 ごとう-たけお

1870-1933 明治-昭和時代前期の実業家。
明治3年8月18日生まれ。福岡日日新聞記者をへて明治31年上京,33年帝国興信所(現帝国データバンク)を設立する。また大正5年日本魂社,11年大日本教化団体連合会をつくった。昭和8年2月25日死去。64歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。関西法律学校(現関西大)卒。著作に「清浦奎吾伝」「高山彦九郎伝」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

後藤武夫の関連キーワード実業家明治

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android