コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤武夫 ごとう たけお

1件 の用語解説(後藤武夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤武夫 ごとう-たけお

1870-1933 明治-昭和時代前期の実業家。
明治3年8月18日生まれ。福岡日日新聞記者をへて明治31年上京,33年帝国興信所(現帝国データバンク)を設立する。また大正5年日本魂社,11年大日本教化団体連合会をつくった。昭和8年2月25日死去。64歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。関西法律学校(現関西大)卒。著作に「清浦奎吾伝」「高山彦九郎伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

後藤武夫の関連キーワード織田東禹九条道実小山善能村磐夫疋田桂太郎降矢芳郎星野太郎三木猪太郎矢作栄蔵依田豊

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone