後藤蔓(読み)ゴトウヅル

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

後藤蔓 (ゴトウズル)

植物。ユキノシタ科の落葉つる性植物。ツルデマリの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごとう‐づる【後藤蔓】

〘名〙 ユキノシタ科のつる性草本。各地の山地に生える。高さ一〇メートル以上に達する。全体に短毛を密布。葉は長い柄があり対生し、葉身は長さ四~一〇センチメートルの卵円形で先端はとがり縁には鋭い鋸歯(きょし)がある。夏、枝の先に白色の小花を散房状につけ、まわりには卵形の四萼片からなる白色の中性装飾花がある。漢名に藤繍毬をあてる。つるでまり。つるあじさい。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android