後輿(読み)アトゴシ

デジタル大辞泉の解説

あと‐ごし【後×輿】

輿の轅(ながえ)の後方を担ぐこと。また、その人。後肩(あとかた)。
「兄弟の男子に先輿―舁(か)かれて」〈浄・油地獄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐ごし【後輿】

〘名〙 輿のあとのほうをかつぐこと。また、その人。⇔前輿(さきごし)
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)下「兄弟の男の子に先ごし・跡ごしかかれて」

うしろ‐ごし【後輿】

〘名〙 輿を後ろ向きにかつぐこと。
※随筆・榊巷談苑(1704頃か)「惟康親王を鎌倉より送り出して京にかへす時、網代の輿にのせて、幕府よりさかしまにぞ舁出しける。これもふたたびかへりこざれとの心なり。〈略〉今の女の人に適く時のうしろ輿もこの心なるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android