コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さかしま À Rebours

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

さかしま
À Rebours

フランスの小説家 J.K.ユイスマンスの小説。 1884年刊。俗悪な現実を嫌悪し,深刻な倦怠感に悩まされた人物デ・ゼサント Des Esseintesによる,すべてが「さかしま」な反自然の人工美の追求を描く。作者はここで,従来の自然主義小説を脱して,デカダンス世紀末的ビジョンを定着するとともに,主人公の口を通して象徴派の詩をいちはやく認めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

さかしま
さかしま
rebours

フランスの小説家、美術評論家ユイスマンスの長編小説。1884年刊。貴族出身の主人公デ・ゼッサントは、実人生の倦怠(けんたい)と懐疑から神経症に陥り、養生のためパリ郊外に居を求め、世間との交渉を絶って昼と夜を逆さまにした生活のなかで、自己の嗜好(しこう)を徹底させた人工楽園を築き、世紀末的爛熟(らんじゅく)の美に耽溺(たんでき)する。しかし虚無感は克服できず、かえって心身の焦悴(しょうすい)をいっそう激化させた主人公は、絶望のうちにかすかな希望を宗教に求めてパリに戻る。自然主義文学の打倒を目ざした作品で、徹底した厭世観(えんせいかん)、象徴主義の透徹した理解が際だつ。世紀末美学の精緻(せいち)な展開が異彩を放っている。[秋山和夫]
『渋澤龍彦訳『さかしま』(1966・桃源社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

さかしまの関連キーワードケリー(Mike Kelley)ジョリス・カルル ユイスマンスモンテスキウ=フェザンサックフィリップ キャルヴァルダンヌンツィオ世紀末思潮道臣命逆しま業所逆様

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android