コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒になる イタズラニナル

デジタル大辞泉の解説

徒(いたずら)にな・る

役に立たなくなる。むだになる。
「いかにしてか―・り給ふまじきわざはすべからむ」〈・少女〉
死ぬ。はかなくなる。
「この君の世に惜しまれて―・り給へば」〈宇津保・国譲中〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いたずらになる【徒になる】

期待したとおりにならずに終わる。無駄になる。 「思ひてし思ひは今は-・りぬべらなり/古今 雑下
「死ぬ」の婉曲えんきよくな言い方。 「空しく成りなば、親も-・り給ひなん/宇津保 俊蔭

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

徒になるの関連キーワードどちりな・きりしたん服部 けさカタリナ洗礼

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android