徒になる(読み)イタズラニナル

デジタル大辞泉の解説

徒(いたずら)にな・る

役に立たなくなる。むだになる。
「いかにしてか―・り給ふまじきわざはすべからむ」〈・少女〉
死ぬ。はかなくなる。
「この君の世に惜しまれて―・り給へば」〈宇津保・国譲中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いたずらになる【徒になる】

期待したとおりにならずに終わる。無駄になる。 「思ひてし思ひは今は-・りぬべらなり/古今 雑下
「死ぬ」の婉曲えんきよくな言い方。 「空しく成りなば、親も-・り給ひなん/宇津保 俊蔭

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android