徒奉公(読み)かちぼうこう

精選版 日本国語大辞典「徒奉公」の解説

かち‐ぼうこう【徒奉公】

〘名〙 徒侍(かちざむらい)となって仕えること。おかちぼうこう。
浄瑠璃井筒業平河内通(1720)三「お供さきに手を振りし、(すあし)はだしの徒歩奉公(カチボウコウ)

いたずら‐ぼうこう いたづら‥【徒奉公】

〘名〙 堅気(かたぎ)でない奉公。水商売や妾奉公(めかけぼうこう)
※浮世草子・世間娘容気(1717)五「蓮葉女といふいたづら奉公つとめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android