水商売(読み)ミズショウバイ

大辞林 第三版の解説

みずしょうばい【水商売】

客の人気・都合により収入が左右される商売。料理屋・バー・キャバレーなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みず‐しょうばい みづシャウバイ【水商売】

〘名〙
① 水を扱うあきない。水あきない。
咄本・軽口笑布袋(1747)一「水しゃうばいは柱も戸はめもそこねてたまらぬ」
② 客のひいきによって成り立つ盛衰の激しい商売。主として、待合・貸座敷・料理店・バー・キャバレーなどにいう。水稼業。
※咄本・軽口笑布袋(1747)一「こちの店は水しゃうばいの衆はいやでござるとてかさず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水商売の関連情報