徒組(読み)カチグミ

精選版 日本国語大辞典の解説

かち‐ぐみ【徒組】

〘名〙 江戸幕府の職名。将軍御成りの時、先駆、沿道警固に当たる。平常は江戸城本丸玄関遠侍間に勤務。徒頭支配。七十俵、五人扶持。おかちぐみ。
※徳川実紀‐正保二年(1645)五月二一日「この日腰物奉行。納戸番。右筆。小十人組番士。歩行組二十人を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android