コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒野/仇野/化野 アダシノ

デジタル大辞泉の解説

あだし‐の【徒野/仇野/化野】

京都市右京区嵯峨、小倉山の麓の野。中古、火葬場があり、東山の鳥辺野(とりべの)と併称された。名は「無常の野」の意で、人の世のはかなさの象徴としても用いられた。[歌枕]
墓地。
「暁、灰よせなりとて、おのおの卯木(うつぎ)の箸折りて、―にむかふ」〈父の終焉日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

徒野/仇野/化野の関連キーワードおもな浪花節の演目仇野化野

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android